ITACHi de HOLISTIC

イタチたちとのホリスティックな生活。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

月露さん肺炎になってしまいました

昨日の話。

最初月露さんの異変に気がついたのは、起きて「おはよう」とフェレ部屋に行ったとき。
いつもだったら私の姿が見えれば、寝床から飛び出て来て走り寄って来て「おはよー!」というのに、今日は出てこない。
眠いのかな?と思って、フェレ部屋の掃除とかごはん交換とか全部やって、ふやかし作って食べていただくために起こしてあげると、いらないっていう。
そしてお水だけ飲んでぺターン。
目がじゃっかんポヤーンとしてるせいか、なんか顔が変。

200902201755002re.jpg

免サポなら飲める?と作ってあげると、自分でお皿からちょっとだけ飲んだけど、「もういらない」というので、シリンジで強制給餌するも、20mlで「もうやだやだ」とおっしゃる。
そしてちょこっと後ろ脚に力が入りにくい模様。
「どしたのー?」と抱っこしてリビングに移動すると、いつもならフェレ部屋以外の部屋に行くと、好奇心旺盛なので「ここどこどこ!?探検するからおろしてえ!」と暴れるのに、大人しく抱っこされてる。
明らかにおかしい。

200902201755001re.jpg

祖母の病院行く予定と、親と夜ごはん食べ行く予定がありましたが、電話してキャンセルさせてもらって、主治医に行くかセカンドに行くか悩みましたが、低血糖か腎臓を疑ったので主治医に行くことに。

道中、ちょっとでも安心して欲しいと思い、以前詩菜さんがやっていたように、運転席の私の膝の上に寝ていただいて。
詩菜さんと違い、月露さんは動き回るだろうなので、バッグに入れて、バッグを膝上に置いて。
でも一切暴れることなく寝てる。
途中鼻が白っぽくなって、若干貧血気味っぽい。
トイレ行きたいときは、月露さんも詩菜さんのように「トイレー」と自己申告してくださるので、そしたら助手席にシートベルトかけて置いてあるキャリーに入って用を足していただいてから、再度膝上のバッグに戻る。

病院到着し待合室では、バッグなしで膝上で大人しく寝てる。

200902201749000re.jpg

診察台でもものすごく大人しくて、明らかにおかしいとわかる。
胸の音聞くと、ちょっと雑音。
熱をはかると41℃で高い。

疑われるのは、
・腎不全
・心不全
・肺炎
ということで、血液検査とレントゲンを撮っていただくことに。
撮る前に「ひょっとすると入院が必要な状態かも。胸水たまってたりしたら・・・」という一言があり、かなり不安になりながら検査結果が出るのを待っていると。

レントゲン写真
200902201936000re.jpg

2008/8/28
200902201937001re.jpg

2009/2/20
200902201937002re.jpg

心臓は肥大している様子なし。
胸水もたまってる様子なし。
肺が白くうつっている→肺炎。

血液検査結果は、WBC=13.5、RBC=888、TP=5.8、Hct=44、Hb=14.3、ALT=172、BUN=20.3、CRE=0.6、Alb=2.3、GLU=135、Ca=8.5、Na=136、K=4.2、CL=109

腎臓問題なし。
WBC上昇ですが異型なものはなく炎症反応であろうということ。
Ca問題なしなので悪性腫瘍というわけでもない。
RBC、Hct、Hbが低く貧血状態。
TP低いのは食欲なくて食べていないから。
Alb低いのは腎臓からというのと、食べていないから。
電解質バランスがよろしくない。

ということで、診断は「肺炎」。
皮下点滴よりも効果的な静脈点滴入れて、抗生剤入れて、呼吸しやすいように酸素室に入れて、一泊させていただくことになりました。
明日朝の時点での状況を連絡いただき、熱が若干でも下がってくれば明日退院予定。

本当は入院させておきたいという主治医の意向でしたが、祖母の状況を主治医もご存じなので、主治医に入院させると私が面会などに行けないという事情をご存じで。
なので、主治医で診断して、入院の必要性があればセカンドで入院させるというのはどうか?と言われましたが(主治医とセカンドは仲良しさんです)、セカンドは夜間誰もいなくなってしまうので、それだったらうちで私が見ていたほうが安心かなと思い、我が家に酸素室を設置し、毎日皮下点滴することにしました。

家に帰って来てもらえば、祖母病院行く数時間はお留守番しててもらうことにはなるけど、それ以外の時間はずっと見ていられますからね。
インスリで3時間おきに強制給餌!とかではないから、酸素室の中で安静にしてお留守番してもらうのは可能ですから。
肺炎だったら、栄養取ってもらって、安静にしてもらって、適切な抗生剤入れれば、あとは本人の体力次第ですからね、もうちょっとで6歳になる子ではありますが、体力はしっかりある子なのでそれ以上の治療法はないですから、入院してるとカリカリメイン、たまにふやかしや免サポ作っていただく程度しか出来ないので、それなら家でしっかりと肉ごはん食べてもらったほうが良いと思うし。

何より、一番甘えん坊でママちゃんいないとダメな子なので、入院させるのはそれが一番心配で、、、

月露さんは元々、ストレスにかなり弱い子。
旅行とか行くと、帰って来てからほぼ毎回ちょこっと体調を崩すので、特に気をつけてはいたんですが、、、
今回は特にいつもと違うことなかったのですが、、、
強いて言えば、先日マンションの消防設備検査があって、知らない人が家の中に入り、フェレ部屋も火災報知機の検査したので、それ??orz

| 未分類 | 10:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://holism.blog88.fc2.com/tb.php/513-812ad563

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。