ITACHi de HOLISTIC

イタチたちとのホリスティックな生活。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フェレ病院を偵察してきました

引っ越しをしたので、ご近所で使えるフェレ病院を探しに行ってきました。
我が家から車で15分かからない距離にある、某フェレットで有名な病院に行ってみました。

よく「ホリスティックケアしてるから病気にならないんでしょ?だから動物病院に行かなくてもいいんでしょ?」と言われることがありますが、これは間違い。
ホリスティックケアで末期ガンは治りません。
#治る!と言ってる人もいますが、私は信じていません。
西洋医学とホリスティック医学はお互い補完しあうものだと思っていますので、ホリスティックなケアをしつつ、西洋医学の治療も受け、また健康チェックのために動物病院には行かなければなりません。
特に我が家は、フェレットに対してホリスティックなケアを行うための指標などが過去文献にあるわけでもなく、独学で行っているため、動物病院には普通の飼い方をされている方よりも頻繁に行き、健康チェックをし、どれがその子に合っているのかを確認しながら行っています。

今回は偵察だったので、簡単な健康チェックのみ。
あと、今後お世話になるんだろうということで、現状の全員の体調や、既往症、我が家ではどういったケアを行っているのかなどを獣医さんに知っていただくことを目的としました。
ので、我が家にある、過去のすべての検査結果のデータを持参し、獣医さんに説明。
詩菜さんの血糖値の経過や、月露さんの左腎摘出後のBUN、CREの経過、琥桃さんの原因不明な白血球数が多い件に関しての数値の経過など、すべてPCにて管理していますので、ノートPC持参で行ってきました。

そういう意味で、動物病院に行く際は、検査結果やエコー写真などはもちろんのこと。獣医さんとお話した内容までもすべてメモしておくべきです。
そうすれば引っ越しで転院やセカンドオピニオンなどの場合でも、すべてのデータがあるので、新しくかかる動物病院のほうでもとてもわかりやすく、更に余計な検査を行わないで済むので、フェレットにとっては負担を軽く出来ますし、飼い主にとっても余計な費用がかからないので。

今回の病院は、お話をしている限りでは、すごくハキハキした獣医さんで、とても良い印象。
もちろん、フェレットで有名な病院ですので、フェレットに関する知識もたっぷり。
担当していただいた獣医さんもフェレットを飼っているみたいだし。
ということで、今後はここにお世話になればいいかなーという感じでした。

| 未分類 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://holism.blog88.fc2.com/tb.php/3-aaf40f1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。