ITACHi de HOLISTIC

イタチたちとのホリスティックな生活。

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

瑠緋旅立ちました

昨夜2時に排尿、薬とごはんを与え、4時に排便。
踏ん張り続ける様子もなく、酸素室内で穏やかに過ごしていたんですが、朝一で主治医に向かおうと移動中の車の中で、8:11に旅立ちました。
とても瑠緋らしく、苦しむことなく穏やかに、多分本人自分が死んだこと気がついてないんじゃないかくらい穏やかに、旅立ちました。
最期は心不全でした。

瑠緋さん、お疲れさまでした。

IMG_4798_R.jpg
スポンサーサイト

| 未分類 | 09:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

瑠緋がんばれ!

かなり放置しておりますが、先日琥桃さんが旅立つ以前より、琥桃さんより瑠緋さんのほうがヤバい状態でした。
琥桃さんが亡くなったあと主治医に行った際に、「瑠緋ちゃんも容態的には今なんで生きていられるのか?と言う状態だから、気が休まりませんね」と言われたくらい。

昨年9月に血糖値40と言うことで、若干ボヤーっとしてることがあり、インスリノーマでプレドニゾロンを服用開始。
その後発作は一度も起こさずに血糖値管理出来ているんですが、フェレットはステロイド耐性が強いと言われているものの、瑠緋さんはそれがないようで、プレドニゾロン副作用で免疫抑制が起こってしまいました。
与えている量は1.0mg(BID)と言う、「フェレットにとっての上限値」と言われている値より少ないのに。
翔那さんと琥桃さんと同じ部屋で過ごしていただいていたら、11月に「遊ぼうよぅ」と噛まれてしまったらしく、ちょっとした傷がパンパンに腫れあがって化膿し、それがもとで肺炎に。

1288620277938_R.jpg

1290144546540_R.jpg

1290144597946_R.jpg

そして抗生剤を与えているにも関わらず、体力的な問題で肺炎は治ることなく。
1月の病院で胸水が若干確認されたため、現在自宅で酸素室に入っていらっしゃいます。

1295536241496_R.jpg

呼吸が若干苦しいものの、本人は酸素室の中でホリホリして遊んだり、しっかりごはんを食べたりしていたんですが・・・。

1/31は夕方からいつもよりちょっと呼吸が荒くて。
夜になって排泄しようとした瑠緋さん、ちゃんと排便も排尿も出来ているのに、一生懸命踏ん張って。
渋り便だからちょっとすれば踏ん張るのやめると思いますから、様子見てくださいと主治医からの指示で見ていたんですが、確かに踏ん張るのはその後やめたんですが、踏ん張っていたことで体力消耗し、本日食べる気力が一切なくなってしまいました。
強制給餌もあまり飲み込めない状況。

現在酸素室内で若干呼吸は落ちつき、穏やかな表情をしていますが、かなり危ない状況です。
このまま寝ずに、朝一で主治医に行く予定です。

我が家の鼬様の中で一番若い瑠緋さんではありますが。
いまだにベビベビな瑠緋さんの印象なんですが。
なんだかんだ言って、瑠緋さんも6歳超えていらっしゃるので、、、

| 未分類 | 03:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。