ITACHi de HOLISTIC

イタチたちとのホリスティックな生活。

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

束の間の団欒

昨晩の食後の団欒。
200902280511000re.jpg

私が寝てる間は酸素室に入ってもらってます。
目の届く範囲で、万が一咳なんかしたらすぐ気が付いて対処出来る範囲で、ちょっとずつ酸素室外で体を慣らして行かないとね。


今日は月露さん、お昼のふやかしを「食べたくない」とおっしゃる。
免サポなら飲める?とお出しすると、渋々ながら飲む。
その後、月露さんは酸素室に入っていただいて、おなか減ったときのためにカリカリもお水も入れておいて、私は祖母病院へ行って。
夜になって帰って来て、カリカリが1粒も減っていないため、免サポを再度飲ませようと作ると、「いらない」とおっしゃる。
「これじゃないよ!おなか減ったけど、食べたいのはこれじゃないの!」って、、、
仕方ないので、夜ごはんの時間はまだまだ先でしたが、1人前だけ手作りごはんを作って差し上げると、ものすごい勢いで完食。
今日はフェレ友さんが月露さんに会いに来てくださったのですが、一緒に大爆笑w

わがまま言わないで、旅行のときとか、入院のときとか、何らか災害があったときに肉ごはん持ち歩けないから、ふやかしや免サポも食べられるようになっててくださいよぅ!
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェレ病院&祖母病院

こんな雪の中、、、
200902271100000re.jpg
今日は全員de大健康診断だったので、雪降ってる中なんとか頑張って全員引き連れて出発。
うちのほうは若干積もってて、歩いてると滑りまくりでしたけどね。
途中で雨に変わってくれたから良かったけど。

翔那さん:健康診断&血液検査。副腎チェック。
瑠緋さん:健康診断&血液検査。副腎チェック。
月露さん:健康診断&レントゲン&エコー。胸水抜けているか?右副腎チェック。胸水の原因は?
琥桃さん:健康診断&血液検査。自覚症状特になし。

月露さんは先週血液検査やってるので(BUN、CRE共にかなり良い値だったし)、今回の月1血液検査は行わず。

結果、
翔那さん:問題なし。ちょっとWBC高めだが、次回血液検査まで様子見。副腎は触診上は以前から変わらずで様子見。
瑠緋さん:問題なし。副腎は触診上は以前から変わらずで様子見。
月露さん:胸水抜けきっていて綺麗になっている。右副腎サイズ変わらずで問題なし。心臓周辺に変なものはないが、心筋が厚くなっている。
琥桃さん:CRE上昇傾向で炭増量。

月露さんがかなり酸素室生活に飽き飽きされていらっしゃるので、胸水ちゃんと抜けてたから、ちょっとずつ酸素室外で過ごす時間を増やしていこうと思います。
急にはフェレ部屋には戻さないよ。


検査していただいたり、診察していただいている間に母から連絡が入って。
祖母の主治医が私のことを呼んでいると。
おとといから容態急変でかなり危ない状況だったので、その詳細な状況を説明したいとのこと。
だったので、フェレ病院終わってから、渋滞がどれだけかで間に合うか間に合わないかちょうどわからないくらいの時間だったのですが、大急ぎで祖母病院へ直行。
病院閉院30分前に滑り込みました。

祖母の状態としては、昨日より全然穏やかな顔をしていて。
昨日一昨日の嘔吐は腸閉塞から来るもの。
嘔吐したものに血液は混じっておらず、黒いのは胆汁(これも腸閉塞のせい)。
腸閉塞は子宮と小腸の癒着が原因(30年前の子宮ガンの治療で放射線を当てた影響)。
鼻から管を通し、腸内を減圧しているが、それでもどうにもならなければ緊急手術を行う。
現時点ではとりあえず容態落ち着きました。
かなり低空飛行ですけど。

最近、何十年も前にガンを患って、その際放射線を当てた人たちでこのような副作用が出てきている方が増えているんだそうです。
当時としてはそれが正しい治療法だと思われていたのでしょうけれど、何十年もあとになって患者をとても苦しめる結果になってしまっています。
難しいですよね、、、


そんな慌ただしい日だったもので、、、
帰宅して、フェレ様たちに炭を飲んでいただいて、落ち着いてから、、、
気がついたらタイムスリップ(床暖de寝落ち)してました。
フェレ飯解凍しなきゃなのにぃ!

最近毎日タイムスリップ。
ちと私も疲れがたまってるのかなあ?

| 未分類 | 01:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週1点滴day

月露さんには現在毎日朝晩皮下点滴をしています。
そのおかげで、私もだいぶ針を挿入するという行為に慣れました。

でもね、、、
琥桃さんには出来ん、、、orz
私の緊張がなくなっても、手つきもだいぶ慣れてきても、主治医でやっていただくときですら琥桃さんは大暴れで、3人がかりでやってる状態なので、私が1人で出来なくても当たり前といえば当たり前なのですが、、、
助手してくれる人が1人でもいてくれれば出来るんですけどねえ。

明日月露さんの胸水がどうなったか検査してもらいに行くから、琥桃さんも一緒に主治医に行って、点滴打ってもらおうか。


おとといまでの祖母は、「何でこの病名で状態で、平気で座って笑ったりおしゃべり出来たりしているのかわからん」という状態ではあったのですが、ものすごく安定していて。
でも、昨日容態急変。
結構大変なことになってます。
最初救急車で運ばれ、緊急入院してから2か月がたちました。

| 未分類 | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレグレ月露さん

酸素室から私が見えるたびに「出してー!」って言ってるのに、そのお願いを聞いてもらえなくてフテくされてるおっさんw
200902260401000re.jpg

そんな切ない顔されると、なんかめっちゃかわいそうな気分になるじゃん!
いや、かわいそうだと思っても、酸素室からはまだ出しませんけど。
200902260405000re.jpg

金曜に再度主治医に行って、胸水がどうなったかを調べていただいて、もししっかりと抜けているようであれば酸素室終了。
でも抜けきっていないようであれば、もうしばらく継続。

早く全部抜けきって、酸素室いらない状態になるといいねー。

| 未分類 | 04:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

順調、順調♪

月露さんの容態も安定しているので、今日は祖母の面会へ。
祖母の容態も安定していました。
2人とも頑張れ!

おっさん
200902250247001re.jpg

どんどん酸素室で過ごすのに飽きてきているおっさんが1名。
トイレ掃除やら、酸素室内の掃除やらでちょっとでも開けると、どんなに寝ていてもすぐ気がついて、「出る出る!」と私の手にしがみついてくる。
動きがどんどん速くなってるし、力も強くなってきているので、「ダメだよ、まだダメ!ああ!」と脱走されそうになりてんてこ舞いです。
掃除中ちょこっとリビングの床に下ろそうもんなら、走って探検しに行こうとするし、、、
「走ったらまた苦しくなるからやーめーてええーーー(汗)」と追いかけ捕獲し、酸素室に戻すんですけど。

なんでトイレ砂かき出すのー?
掃除しなきゃな回数と時間を稼いでるつもりか?
200902250223000re.jpg


そんな状態で月露さんにつきっきりになって4日。
フェレ部屋にいらっしゃる3名には事情をお話し、「ママちゃんは月露さん担当、翔那さんはフェレ部屋を統率しておいてください。瑠緋さんと琥桃さんは、翔那さんの言うことよく聞いて、協力して」というお願いをして、頑張っていただいてますが。
めっちゃ頑張ってくれてて、月露さんが退院してきた翌日の朝、おはよーとフェレ部屋覗くと粗相が1つもない!
みんなすごい協力してくださってます。

でもねー。
甘えたいの我慢してるんだよねー。

月露さんが安定しているので、ほんのちょこっとですがフェレ部屋に入って、みんなを抱っこする時間を設けることが出来るようになって。
今まで以上に全員膝上にのぼってきて、めっちゃ甘えまくり。
早くあぽんが良くなって、また普段の生活に戻れるといいねえ~。
どうしても体調悪い子がいると、そちらにつきっきりになっちゃうからねえ~。
でもちゃんとみんな平等に愛してるんだよってことは理解しておいてね。

とりあえず3人はとても元気です。

| 未分類 | 04:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月露さんセカンドへ

土曜(退院させた日)の月露さんの容態が「危篤状態」だったということを他人から聞いて、めちゃめちゃ驚いてる状態です。
あまり危機感なく、あまり切羽詰まってるという感覚なく、「最期は我が家で看取りたい」ということで退院させたのではなく、「しっかり体力ある子になるように育ててきたし、何より月露さん本人がやる気あるし、しっかりと栄養入れてもちょっと体力つくようにしてあげればいいんじゃん?」「入院させてて獣医さんからの連絡待ちってのが性に合わないから、それだったら私の目の届く範囲にいてもらって、何かあれば私が対処すればいいんじゃん?」という単純な理由で、かなり主治医には無理言って退院させてきました。
入院した状態で、点滴入れて、ふやかしか免サポ飲ませてもらうより、家で肉ごはん食べてもらったほうが体力稼げるだろう!と。

その結果、、、

立ち上がれてますが?w
200902231101001re.jpg

病院で酸素室で寝ていた月露さんは直線的な寝方してましたけど、寝方戻りましたが?w
200902231806000re.jpg

肉ごはん、スープにしないでも普通にガツガツ食べてますが?w
200902240321000re.jpg

連れて帰って来てからやってきたケアとしては、脱水が酷かったのでその対処(しっかりと水分補給)と、体力つけるためにしっかりと食べていただく、胸水対処のために主治医からもらった利尿剤に加え、ホリスティックケアとしてホメとハーブを併用。
そんだけ。
そんだけでも、体力あれば乗り越えられるんですねえ。

胸水出たらヤバい状況であるというのはもちろん知ってます。
でも胸水出たらおしまいだとは思っていません。
主治医に入院させたままであっても、適切な対処をしていただいて回復したんでしょうけど、それに加えて飼い主だけがその子のためにしてあげられる「なにか」がとても大切だと思っています。
今回の場合、月露さんが頑張る気満々だったので、私に何をすればいいかを全て指示してくださってたので、何の迷いもなく、あまり危機感溢れることもなく、淡々と私に出来る限りのケアしてきました。
大丈夫、月露さんならのほほ~んと乗り越えられるよ!

今日はセカンドに行ってきました。
主治医がめちゃめちゃ遠いので、緊急事態が万が一発生したら主治医とセカンドで連携取っていただきたいというお願いをセカンドにしてあったのですが、とりあえず現状把握していただくべきだと思ったので、おとといから連れて行ける状態であれば連れて行こうと思っていたのですが、現在容態はとても安定しているので問題なく連れて行きました。

セカンドにて担当獣医さん(元主治医)の他、超有名な院長先生までも診察室に来てくださって、今回の経過を最初からお話したんですが、神妙な面持ちで話を聞いてくださってる獣医さんのすぐ脇で、キャリーに入れられ「出してー出してー」と暴れてる月露さんw
話聞き終わって院長先生から「え?この子?本当におととい胸水!?」と驚かれましたw

家でも酸素室にいるの飽きたらしく「出してえー!」と酸素室の中で大暴れ。
こんだけ暴れられるってことは、胸水もう抜けてるんじゃないの?と思ったので、レントゲン撮っていただいてその確認をしていただく。
結果まだ胸水は残ってはいたのですが、まあどうせ金曜にまた主治医にもらった薬がなくなるので行ってくるので、その際土曜の状態と比較して、胸水が減っていないようであれば、通院にかかる移動時間を考慮し、今後の胸水対処についてはセカンドにバトンタッチしていただこうと思っています。

今日は朝ごはん食べていただいた3時間あとに、翔那さん・瑠緋さん・琥桃さんのおやつを作っていたんですが、その香りを嗅いで月露さんも起きて「それ、僕も食べたいなあ」とおっしゃったので、酸素室の中に入れてあげると、バクバク食べていらっしゃいました。
肉ごはんは現在、シャバシャバなスープ状態にして飲んでいただいていたのですが、ひょっとするともう普通の固さでもいいんじゃん?ということで、今日の夜ごはんは通常の肉ごはんを出してみようと思います。

今日も月露さんの様子を見にきてくださった方がいらっしゃいました。
たくさんの人が心配してくれて、応援してくれて、その応援にこたえなきゃね!

ごはんうまーいっ♪

| 未分類 | 02:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さすが食欲の権化

今日はフェレ友さんが月露さんの様子を見にきてくださいました。
そしてフェレ友さん帰宅後、全員のごはんだったのですが、、、
甘え食べてみていただいてから、シリンジで強制給餌しようと準備してたのに、、、

スプーンから甘え食べ


そして


えええっと、、、
シリンジの出番なく、自らお皿に顔突っ込んで完食されましたが、、、

いつもの月露さんが食べている量の半分を、倍量の水でのばしてスープにしました。
今日は4~5時間おきくらいに免疫サポートをちょこっとずつ与えていて、それだけで免疫サポート1/2袋くらい飲んでいらっしゃいます。
それに加えてこの肉スープ。

さすが、食欲の権化w
手作りごはん大好きな子で良かった♪

| 未分類 | 02:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月露さん退院&自宅介護開始

おとといから昨日にかけて主治医のところに一泊した月露さん。
昨日退院しました。

おととい入院してから静脈点滴やら抗生剤やら入れていただいて、酸素室で過ごしていた月露さん。
昨日夕方には熱はさがったのですが、胸水が出ました。
1087871065_76re.jpg

退院させる気満々だったので、レンタル酸素室屋さんに寄って、先に借りてから主治医へ向かって。
到着して主治医から上記状況を聞いたので、退院延期しようかどうしようか迷いましたが、、、

私がそばに行くとすぐわかって「ママちゃんママちゃん!」って言ってくれて。
新しい免サポ作ってあげると、ゴクゴク飲んで。
目はしっかり開いて、輝いています。
本人やる気満々(笑)

寝てるけど。
1087871065_247re.jpg

本当なら、胸水出てるうちは退院させないのですが。
私を見かけた瞬間の本人の目を見て、主治医と相談の上、このまま退院させることに決めました。
私のそばにいるのが、月露さんの希望。
月露さんの生命欲を信じてみるかなと。

主治医から家までの移動のため、キャリーに袋かぶせて、その中に高濃度酸素入れてもらって帰ってきたので、外からキャリーの中が見えず、「あぽーん!息してる?息するの忘れちゃいかんよー!」としゃべりかけまくりながら帰宅。
帰宅後そっこう酸素室作成。
200902212159000re.jpg

酸素室の中の月露さん。
病院いたときよりも、目がハッキリあいて、穏やかな表情。
200902220348000re.jpg

昨日の状態:
胸水は聴診器で聞くと、ゼロゼロとまでは言わないものの、呼吸のたびにクークーとなる。
脱水がかなりあるので、夜10ml皮下点滴実施。
卵スープを作ってあげると、半分くらい自力で飲む。
トイレに行きたい!と踏ん張るものの、食べてないから出るものなしで出ず。
でもどうしても出したいようで、何度も何度もいきむ。
濡れティッシュや綿棒で肛門を刺激するも、出てくるのは粘液のみ。
主治医に電話して報告入れると、しぶり便だから大丈夫ですとのこと。
しばらくずっと頑張っていたが、途中で踏ん張り疲れて寝てしまい、その後踏ん張りたいことを忘れた模様。
大好きなレシピで作った肉ごはんを、シャバシャバな状態に伸ばしてあげると、喜んで飲む。
お皿から自力でちょこっと飲み、あとはシリンジで与えようとすると、「早くちょーだい」と口が出る。
丸くなって眠れるようになった。
呼吸はまだ浅くて早いときもある。
熱は途中、我が家の耳で測定する体温計で38.3℃(直腸検温に換算するとたぶん41℃程度)あったので、氷嚢ベッドを作ってあげ、その後熱がさがったら自分で「これ冷たいからもういらんー」と自己申告。

今日の状態:
胸水若干抜けた?→明日セカンドにてレントゲン撮って確認
尿多い。
脱水は改善。
便OK(固さ正常、色若干緑)。
シリンジでスープや免サポを与えると、ゆっくりとだけどしっかり飲む。
呼吸はまだ浅くて早いときもある。
熱は我が家の体温計で37.0℃(直腸検温に換算すると多分40℃程度)。
トイレ行くのが体が若干不自由気味なので難しいらしいが、支えてあげると自力排泄出来る。

| 未分類 | 16:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月露さん肺炎になってしまいました

昨日の話。

最初月露さんの異変に気がついたのは、起きて「おはよう」とフェレ部屋に行ったとき。
いつもだったら私の姿が見えれば、寝床から飛び出て来て走り寄って来て「おはよー!」というのに、今日は出てこない。
眠いのかな?と思って、フェレ部屋の掃除とかごはん交換とか全部やって、ふやかし作って食べていただくために起こしてあげると、いらないっていう。
そしてお水だけ飲んでぺターン。
目がじゃっかんポヤーンとしてるせいか、なんか顔が変。

200902201755002re.jpg

免サポなら飲める?と作ってあげると、自分でお皿からちょっとだけ飲んだけど、「もういらない」というので、シリンジで強制給餌するも、20mlで「もうやだやだ」とおっしゃる。
そしてちょこっと後ろ脚に力が入りにくい模様。
「どしたのー?」と抱っこしてリビングに移動すると、いつもならフェレ部屋以外の部屋に行くと、好奇心旺盛なので「ここどこどこ!?探検するからおろしてえ!」と暴れるのに、大人しく抱っこされてる。
明らかにおかしい。

200902201755001re.jpg

祖母の病院行く予定と、親と夜ごはん食べ行く予定がありましたが、電話してキャンセルさせてもらって、主治医に行くかセカンドに行くか悩みましたが、低血糖か腎臓を疑ったので主治医に行くことに。

道中、ちょっとでも安心して欲しいと思い、以前詩菜さんがやっていたように、運転席の私の膝の上に寝ていただいて。
詩菜さんと違い、月露さんは動き回るだろうなので、バッグに入れて、バッグを膝上に置いて。
でも一切暴れることなく寝てる。
途中鼻が白っぽくなって、若干貧血気味っぽい。
トイレ行きたいときは、月露さんも詩菜さんのように「トイレー」と自己申告してくださるので、そしたら助手席にシートベルトかけて置いてあるキャリーに入って用を足していただいてから、再度膝上のバッグに戻る。

病院到着し待合室では、バッグなしで膝上で大人しく寝てる。

200902201749000re.jpg

診察台でもものすごく大人しくて、明らかにおかしいとわかる。
胸の音聞くと、ちょっと雑音。
熱をはかると41℃で高い。

疑われるのは、
・腎不全
・心不全
・肺炎
ということで、血液検査とレントゲンを撮っていただくことに。
撮る前に「ひょっとすると入院が必要な状態かも。胸水たまってたりしたら・・・」という一言があり、かなり不安になりながら検査結果が出るのを待っていると。

レントゲン写真
200902201936000re.jpg

2008/8/28
200902201937001re.jpg

2009/2/20
200902201937002re.jpg

心臓は肥大している様子なし。
胸水もたまってる様子なし。
肺が白くうつっている→肺炎。

血液検査結果は、WBC=13.5、RBC=888、TP=5.8、Hct=44、Hb=14.3、ALT=172、BUN=20.3、CRE=0.6、Alb=2.3、GLU=135、Ca=8.5、Na=136、K=4.2、CL=109

腎臓問題なし。
WBC上昇ですが異型なものはなく炎症反応であろうということ。
Ca問題なしなので悪性腫瘍というわけでもない。
RBC、Hct、Hbが低く貧血状態。
TP低いのは食欲なくて食べていないから。
Alb低いのは腎臓からというのと、食べていないから。
電解質バランスがよろしくない。

ということで、診断は「肺炎」。
皮下点滴よりも効果的な静脈点滴入れて、抗生剤入れて、呼吸しやすいように酸素室に入れて、一泊させていただくことになりました。
明日朝の時点での状況を連絡いただき、熱が若干でも下がってくれば明日退院予定。

本当は入院させておきたいという主治医の意向でしたが、祖母の状況を主治医もご存じなので、主治医に入院させると私が面会などに行けないという事情をご存じで。
なので、主治医で診断して、入院の必要性があればセカンドで入院させるというのはどうか?と言われましたが(主治医とセカンドは仲良しさんです)、セカンドは夜間誰もいなくなってしまうので、それだったらうちで私が見ていたほうが安心かなと思い、我が家に酸素室を設置し、毎日皮下点滴することにしました。

家に帰って来てもらえば、祖母病院行く数時間はお留守番しててもらうことにはなるけど、それ以外の時間はずっと見ていられますからね。
インスリで3時間おきに強制給餌!とかではないから、酸素室の中で安静にしてお留守番してもらうのは可能ですから。
肺炎だったら、栄養取ってもらって、安静にしてもらって、適切な抗生剤入れれば、あとは本人の体力次第ですからね、もうちょっとで6歳になる子ではありますが、体力はしっかりある子なのでそれ以上の治療法はないですから、入院してるとカリカリメイン、たまにふやかしや免サポ作っていただく程度しか出来ないので、それなら家でしっかりと肉ごはん食べてもらったほうが良いと思うし。

何より、一番甘えん坊でママちゃんいないとダメな子なので、入院させるのはそれが一番心配で、、、

月露さんは元々、ストレスにかなり弱い子。
旅行とか行くと、帰って来てからほぼ毎回ちょこっと体調を崩すので、特に気をつけてはいたんですが、、、
今回は特にいつもと違うことなかったのですが、、、
強いて言えば、先日マンションの消防設備検査があって、知らない人が家の中に入り、フェレ部屋も火災報知機の検査したので、それ??orz

| 未分類 | 10:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自宅de点滴2回目

超大変でした。
とりあえず何とか出来ました。

2人分準備して、まずは月露さん。
月露さんはキャーキャー文句言われながらですが、なんとか完了。
完了してフェレ部屋に戻っていただいて、抱っこして慰めて、機嫌直していただいて。

200902191950000re.jpg

その次は琥桃さん。
琥桃さんが、、、出来ません、、、orz
大暴れでブンブンやって、針刺せません。
ちょい出血されたのと、本人が相当興奮してしまっているので、ちと休憩。
フェレ部屋にいったん戻っていただいて、落ち着いてから再挑戦。
それでも、、、大暴れで出来ません、、、orz

200902191949002re.jpg

翼状針使ってやってるんですが、琥桃さんは大暴れするとき足をブンブンされるので、管を巻き込んで蹴るんですよね。
そうすると注射器自体が巻き込まれてしまうので、先端の針がブレブレになって、手元狂いまくりでうまく刺せないのです。

仕方がないから保定のヘルプを要請。
2人がかりで保定していただいて、何とか無事点滴完了。
ひー、疲れた!


最近、翔那さんが鼬又に進化するべく、声出しの練習をなさっています。
詩菜さんに会っていただいたことがある方には、彼女が声を出しておしゃべりしてたのをご存知だと思いますが、翔那さんもおしゃべりできるようになるかな?

月露さんもよくしゃべるんですが、彼は行動とか顔とか目でおしゃべりする子。
琥桃さんは行動でおしゃべりする子。
瑠緋さんはまだおしゃべりが得意でない。

翔那さんも以前からよくおしゃべりしていましたが、彼も行動とか顔とか目でおしゃべりする子だったですが、徐々に声出しておしゃべりする「鼬又」に進化する模様です。
詩菜さんも我が家にきた当初からおしゃべり出来たわけではなく、我が家きて1年くらいたって5歳になってからくらいだったし。
翔那さんは今4歳半だから、同じ時期くらいだねえ。

楽しみだなあ~♪
詩菜さんみたいに、こちらが話しかけると「うん(YESの意)」とか「うううん(NOの意)」って返事してくれるようになれるかな?
おなか減ったら「ぎゅむー」とか「うんうん」って教えてくれるようになれるかな?
「トイレー」の意味の「うんうんうん」ってのは、もう既にマスターしていらっしゃいます。

| 未分類 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第20回フェレットショーにおけるセミナーの紹介

第20回ジャパンフェレットショー@名古屋、今週土曜からエントリー開始ですよー!

以下の周知をmixiコミュより転記致します。
奮ってご参加ください。

===

第20回フェレットショーにおけるセミナーの紹介

4月18・19日に行われる第20回フェレットショーで、
一般参加者様用と獣医師の皆さんへの
セミナーが行われます。以下主催者からの情報

18日14-17時 無料セミナー
三大疾患・胎児超音波画像/大橋真成先生(おおはし動物病院)
田ノ上智章先生(犬山動物病院)
席に余裕がございますので、ご興味のある皆様お時間を取り是非ご参加ください


19日13-17時 獣医師向け(EIC&JFA主催有料)
副腎疾患/エキゾチィックインフォーメーションセンター霍野(ツルノ)晋吉先生
   http://exo.co.jp/    (エキゾチィックペットクリニック 院長先生)
感染症・最新獣医療/Dr.AnneK.G.Bazilwich(来日予定)
Grand IsIe VeTerinary Hospital
座席に限りがございます。ご興味の在る方はお早めに主催者までお問い合わせください

詳細は主催者様へご確認ください。http://www.ferret.gr.jp/

会場:名古屋市中区 愛知産業貿易会館


主催者様より広報依頼により記載いたします。
広報のご協力お願いします。

| 未分類 | 14:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

St. Valentine's Day♪

昨日はバレンタインでしたね。
バレンタインと言えば日本だと「チョコの日」「女性が男性にあげる日」となっていますが、思春期過ごしたアメリカの習慣である「ブラウニーの日」「みんなが学校にお菓子を持って行って、全員で分け合って食べる日」なイメージが強いです。
だから「男性にあげる」とか「意味を込めてあげる」とかいう感じではなく、その日会った人みんなに美味しいものをおすそわけするのが毎年恒例。
今年は、先日入手出来た花畑牧場の生キャラメルがあったので、それをちょこっとずつおすそわけ~♪

1069957673_31re.jpg
ノーマル、いちご、ホワイト、チョコ、抹茶の5つの味のセットで購入したのですが、バレンタイン前にノーマルだけ私が食べきってしまったので、残り4つの味でアソートにしておすそわけ♪

昨日は兼ねてから企画のあった「1kgハンバーグに挑戦」な日。
祖母病院に面会後、挑戦者3人と素敵スポンサー様の4人で向かったのは、府中にある「カロリーハウス」。

1kgのハンバーグは、鉄板満タンでした、、、orz
1081335667_207re.jpg

結局私は700gでダウン。
残り300gを他挑戦者の方にお渡しすると、自分の1kg食べ終わった直後なのに、私の残りもペロリ。
格が違いました、、、orz

次回がんばるぞー!!
#次回あるのか?w

食べ終わったあとは夜中まで遊んで。
フェレ様たちのお食事時間に合わせて帰宅。
お食事の支度をしている間に、私からフェレ様たちにバレンタインのプレゼントを渡しました。

プレゼントなぷぴぷぴおもちゃたち。
ちょっと不気味w
200902151640000re.jpg

気に入ってくださって、すぐに秘密基地に運ばれて行きました♪

| 未分類 | 16:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おねえちゃんラブ

200902131439000re.jpg

な瑠緋さん。
まだ寝ぼけてる琥桃さんに食らいついてますw

声は琥桃さんのね。

その後瑠緋さんの口をあけさせて、琥桃さんを解放してあげても、瑠緋さんは琥桃さんに付きまとい。
でも、琥桃さんだってダテにうちの暴れん坊どもに揉まれて育ってきたわけじゃない。
いやな時はハッキリと「やだ!」ってやり返します。
だから基本、放置w

声は琥桃さんのね。

やり返せないような大人しい女の子だったら、すぐに助けてあげるんだけど、本人ちゃんとダメなものはダメ!って言える子なので。
でもダメ!って言われても、おねえちゃん大好きで仕方ないんだよねー。
ガツンと一発食らわされても、その後も付きまとい。

去年の今頃から性格の変わった瑠緋さん。
副腎を疑って毎月ずっとチェックしていますが、副腎サイズも全く変わりなく、薄毛化とか排尿困難とかも一切見られない。
ちょこっと腰付近の匂いが最近ちょっとイタチ臭くなってきましたが、季節的なものなんだろうなあ。
引き続きしっかり様子チェックと、サプリは与えてますけど。

| 未分類 | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おやつ風景

ハヒハヒ言いながら、ガツガツ食ってますw
食欲旺盛、いいことだ!
※おやつにはふやかしを与えています。

200902131403000re.jpg

食事の見直しを行ってから1週間たちました。
2/6の主治医での体重測定と比較。
無理なダイエットは体の負担が大きいので、ちょっとずつちょっとずつと思ってやってきたら、なかなかさがらないので、この1週間かけてもうちょっと調整してきたのですが。

翔那さん:1650g(1680g)
瑠緋さん:1365g(1380g)
月露さん:1935g(2000g)
琥桃さん:1200g(1250g)
( )内は2/6の体重。

ま、ちょっとずつね。
翔那さんと瑠緋さんは、維持させたいところ。
月露さんと琥桃さんは、もうちょっと減らしたいところ。
目標的には、月露さん1800g、琥桃さん1100gって感じかな。



毎食後、食べ終わったお皿を見つめながら「なんか少ない気がすんねんけど?」って言われるんですが、「いやいや、自分のお皿の分ちゃんと食べたでしょ?それで全部で合ってるんだよー」って言うと、「なんかおかしいなあ?」という顔をしながらもとりあえず納得してくださって、聞き分けよく御馳走様してくださいます。

| 未分類 | 14:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自宅de点滴1回目

明日はバタバタと忙しいので、本日今週分の月露さんと琥桃さんの週1点滴を実施しました。
先週先々週と自分でやってはいますが、それはあくまで練習であり、主治医とセカンドに教えていただきながらやってたわけで、まったく全部自分でというのは初。
暴れられては困るということで、今回は母に祖母病院帰りに我が家にちと寄ってもらい、手伝ってもらって。

まあそういう母も注射まったくダメで。
自分が注射されるの見て、実際意識失って倒れたことあるような人なわけで。
そんな人間が2人集まっても、果たして出来るんだろうか?どちらかが倒れるんじゃないだろうか?という不安いっぱいな状況で、お2人の足を母に押さえてもらう方式で、とりあえずやってみました。

月露さん。
主治医で普段やっていただいてるとき同様、文句を言うことが出来ました。
先週先々週は私があまりにも緊張していて、その緊張が月露さんにもうつって、いつもの文句すら言えないほどだったのですが、さすがに3回目となると私の緊張も以前よりは少なくなってるようで、月露さんも文句を言えるほどになってました。

琥桃さん。
足バタバタ&ちょこっと粗相。
これも普段主治医でやっていただいてるときと同様。
先週先々週は足をバタバタやりはするものの、粗相せずだったのですが、琥桃さんも粗相できるほどになってました。

200901041044000re.jpg

2人とも先週先々週ほどの緊張はなく。
私も、もちろん緊張はしているものの、先週先々週ほど酷い緊張ではなく。
とりあえず無事終わって良かった。
家でやってみて、やっぱどうしても無理!という状態だったら、「いつでもきていいからね」と言ってくださっていたセカンドにまたお願いしようと思っていたのですが、何とかなりました。

来週も頑張ろう。


数日前の翔那さん。
めっちゃいたずらして、楽しかったようですw
200902031537000re.jpg


引越し前からPCの調子がおかしくて、引越し後ネットに一切接続できない状況や、プリンタや外付けHDDを一切認識しない状況でしたが、昨日原因がわかり対処したところ、復活致しました。
ここ数ヶ月ほとんどPC使えない状況で大変だったのですが、これでやっと何とかなりそうです。
フェレ様たちの食材とかサプリとか、やっとネット通販出来る。
写真加工とか、デジイチ写真の取り込みとかもやっと出来る。
HP更新もやっと出来る。
ってか、確定申告書類をやっと作成出来るようになったのが一番です、、、

| 未分類 | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

felt ferret教室やりまーす

3月後半くらいに、某羊毛フェルトでわんこ作る教室で講師をされていらっしゃいます、私のリアル友さんがフェレット作る教室を開催してくださいます!
「フェレットも作ってみてー」とか「私も作ってみたいんだけど、まず何を買うのかとか、どうやって始めたらいいかすらわかんない」というお話をしていたところ、「今度教えてあげるよー。自分でフェレ作ってみればいいじゃん」と言ってくださって。
「私の友達も誘っていい?」って聞いてみたら「いいよー」と言ってくださったので、もし羊毛フェルトやってみたい、うちの子を自分で作ってみたいんだけど、やり方がわかんない!という方がいらっしゃいましたら、一緒にどうですか?

全身のものを作成で、時間はだいたい2~3時間程度だそうで、費用は3000円になります(道具はレンタル、材料代は込、会場代&各自の飲食代は別)。
開催は駒沢にて。
時間は19時~22時くらい。

参加ご希望な方がいらっしゃいましたら、コメかメッセください。
あまり公に公募はせず、私のリアル友さんあたり限定で、お申込みは私経由って感じでお願いします。


先生やってくださる方の作品、何点か写真で見たけど、、、
ものすごーく柔らかい感じで可愛いの!
あんなイメージでフェレ作ったら、絶対可愛いなあ~♪

超不器用な私に出来るんだろうか、、、orz

| 未分類 | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェレットを学ぶ会2009終了

昨晩は今朝に備えてさっさとベッドに入ったのに、なかなか寝付けなくて、結局一睡もせずに朝を迎えて(めっちゃ緊張しぃなので)。
去年パワポの調子が悪く、現地で開演直前に資料手直しという状態だったので、今年はちょっと早めに行って資料の動作確認をしたい!ということで、13時からしゃべる予定だったのでそれまでに行けば良かったのですが、結局開場時間である10時過ぎに到着。

10時~12時まで去年の倉田先生の講演のビデオ見て。
13時過ぎ~14時ちょい前までしゃべって。
14時~19時まで講演聞いて。
19時~21時まで懇親会参加して(菓子食ってただけとも言うw)。

祖母の様子で何時に帰るかを決めようと思っていました。
15時に母に連絡もらえるようお願いし、祖母の様子が落ち着いていればせっかくだから懇親会まで参加、ちょっと調子が悪そうであれば15時に早々に帰路につき、そのまま病院に行くつもりでした。
15時に入った連絡では「おばあちゃん大丈夫」ということだったので、ラストまで。

そして1時間くらい前に帰宅。
帰り途中、マジで眠かった!
ってか今もすんごい眠い!
帰ってきてからフェレ様たちに挨拶して、トイレ掃除して、床拭きやって、大運動会で散らばってたおもちゃたち片付けて、炭飲んでいただいて。
今から2~3時間は、とうてい起きていられそうにありません。
解凍開始したのに2~3時間以上過ぎてから目が覚めると、せっかく解凍したお肉が無駄になる。
ということで、本日は手抜きなふやかしごはんとさせていただくことに。

今日お会いした皆様、ありがとうございました。
まいど!な方も、お久しぶりな方も、初めましてな方も、本当にありがとうございました。
そして、数名様よりおみやげまでいただいてしまい、ホント気を遣っていただいてすみませんでした。
どうもありがとう!

| 未分類 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ペットフード安全法」へ

猫の手作りごはん第一人者でいらっしゃり、私もネットでもリアルでも仲良くさせていただいております猫ピカイアさんより、以下のようなお知らせがありました

「 環境省及び農林水産省では、平成20年6月に公布された「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」に基づき、愛がん動物用飼料(ペットフード)の製造の方法の基準、表示の基準及び成分の規格の設定を検討しております。
 本件について、平成21年1月16日(金)から平成21年2月15日(日)まで、広く国民の皆様の御意見を募集いたします。」

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=10648

平成21年2月15日(日)までとなっているので
時間はあまりないですが、意見を送ってみてください。

意見を送るアドレスは、上記サイトの中ほどに
別添1 意見募集要項[PDF 74KB]
このファイルの中に、アドレスが書いてあります。

添付資料を読んで、意見を送りましょう。

| 未分類 | 14:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。