ITACHi de HOLISTIC

イタチたちとのホリスティックな生活。

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

半年に1度の全員de大健康診断

[気になる点]
翔那さん:尻尾薄毛化→KOMOMOの量を調整しながら与え、現在若干発毛。副腎疑い。
瑠緋さん:琥桃さんに執拗に噛みつく。副腎疑い。
月露さん:特になし。
琥桃さん:特になし。

というわけで、大健康診断を行ってまいりました。
大健康診断とは、半年に一度、全員普段の定期検診ではなく、しっかりとチェックしていただく検診のこと。
全員いつもの定期検診内容+血液検査+検便です。
#今回はちと検便しませんでしたが。

[結果]
全員:白血球数高め
翔那さん:副腎の肥大は一切見られず、主治医でも触れない状態。
瑠緋さん:兆候はないが、左副腎が1mm~2mm程度で、主治医には触れた。
月露さん:BUN、CREちと上昇。
琥桃さん:BUN、CREちと上昇。

先々月、先月と月露さん&琥桃さんのBUN、CREがすごく良い値だったので、週1の点滴を2週に1度に減らしたところ、両者とも若干上昇。
来週から週1に戻します。
腎臓は悪くなったら絶対治らない臓器なので、絶対に状態キープしなきゃ!
週1で点滴していればずっとちゃんとキープ出来ていたので、点滴頻度を戻せば特に問題はないでしょう。

まだ週1ならば主治医まで行くのも大丈夫ですが、これが万が一悪化して週2とか週3とかになるようであれば、点滴だけはファーストではなくセカンドに行くつもり。
そういう意味でも、元々ファーストでNo.2だったU子先生がセカンドに異動したのは超ラッキー。

翔那さん、瑠緋さんは、獣医さんでは何も処置するような段階ではなし。
今後他の症状が出てきたり、サイズが大きくなってきたらいろいろ獣医さんでやれることはありますが、現段階では1mm~2mm程度のサイズであれば、今やれることはない。
ので、飼い主が出来ることだけやり続けます。
これ以上大きくならないように、何らか症状が出てこないように。
難しいのは、その子その子によって必要な量が違うし、多めに与えると過剰摂取で中毒起こしちゃうようなもんなので、その調整に現在苦労してます。

翔那さん&瑠緋さんは今まで白血球数について問題はなかったのですが、今回初めてちと高めな数値が出ました。
でも2人とも多血という結果も出ていたので、今日は特に雨で道混んでて、移動時間が長かったから、ちと脱水傾向だったんじゃないか?との見方。
月露さん&琥桃さんはいつもの通りです。
白血球数10000超がこの2人のデフォルトです。

ということで。
全員の大健康診断+月露さん&琥桃さんの月1の薬処方+全員フィラリア薬1か月分で、月露さんと琥桃さんのみアニコム適用で、合計自腹2万7千円でした。
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プレイズタッチパートナーズセミナーに行ってきました

Praise Touch Logo Dog Only



今日は待ちに待ったプレイズタッチのパートナーズセミナー。
講師はCanine(犬の意)マッサージ、Tタッチで有名で、プレイズタッチを考案された山田りこ先生。
松江先生と並んで、日本におけるTタッチの第一人者です。

今回生徒は20人程度。
獣医さんから、ペット業界関係者、そして一般飼い主さんまでと幅広い受講層でした。

セミナーの様子
200805281616000.jpg


もぉうね。
マジで考え方的には、おいらがマッサージ体験教室で言ってることと一緒!
ツボがどこだから、ここ押して~とかではなく、「まずはフェレ様と飼い主の双方が癒されましょう。相互コミュニケーションのツールとして有効です」ってね。
プレイズタッチは体系だったタッチのやり方が決められていますが、それを完璧暗記して実施するということが大切なわけではなく、毎日触れ合うこと、愛おしさを感じることってのが最重要です。
そしてお互い癒されるために、一応タッチの方法が規定されているって感じ。

今回一応パートナーシップセミナーに参加してきたおいらは、今後プレイズタッチを広めていくために、いろいろセミナーなどを開催出来る立場になりました。
その上の資格として、プレイズタッチインストラクター資格があるのですが、パートナーとインストラクターの差としては、インストラクターはパートナー講座を開催出来るってことなので、それはどうするか考えどころ。
一般飼い主さん向けに有料セミナーを開催するってだけなら、パートナーであればOKなので、今後プレイズタッチをフェレットに対してどんどん普及するのはパートナーであればいいんですが、おいら1人じゃ普及しきれない!他にもフェレ飼い主さんでパートナーになってもらって、どんどん教室開催して普及していってほしいと思えば、おいらがインストラクターになっておく必要が出てきます。

まあうちの子にこれから実際やってみてどうかってのを見て、今後インストラクターになるかどうか考えます。

ミーハーなおいらは、山田りこ先生と写真撮ってもらっちゃいましたw
re200805281841000.jpg

| 未分類 | 00:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。