ITACHi de HOLISTIC

イタチたちとのホリスティックな生活。

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

月露さん続き

夜通し、おいらに抱きついて寝ていた月露さんでしたが。
途中途中でトイレに行くんですが、徐々にその足取りが軽くなっていき。
朝8時くらいにはとっても軽やかに、いつもと変わらない足取りだったので、おいらも安心して仮眠を取ることにしました。
病院までめっちゃ時間かかるから、運転危ないしね。

そして11時くらいに起床。
月露さんは翔那さん、瑠緋さん、琥桃さんと一緒に、ハンモックで丸まって寝ていらっしゃいました。
昨晩疲れ果ててたときは、そのハンモック、のぼろうとしてものぼれなかったのにね。
#ちなみに詩菜さんはおいらの腕枕で寝ていらっしゃいましたw

そしてトイレを見るとしっかりしたうんPたちばかり。
結局下痢Pもせずでした。

とりあえず胃が疲れてるだろうってことで、月露さんは詩菜さんと一緒にふやかしにしておきました。
あんまり急にたくさん食べると、また胃がビックリしちゃうのでちょっとずつゆっくりとスプーンで甘え食べさせると、しっかりと食べてくださり。
食欲も疲れ果ててたときはふやかしの良い匂いがしてもプイっとしてたんですが、ちゃんと戻ってきて。

とりあえず主治医に電話。
この時間帯だと渋滞含め、多分家から病院まで2時間くらいかかってしまうので、おおよその到着時間を連絡。
そして予想到着時間ぴったりに病院に到着。
当然休診日なので客はおいら1人。
そっこうで診察室に呼ばれ、月露さんの診察。

先生「あのあと吐き気はどうでしたか?」
おいら「炭飲ませたらちょいと吐きましたけど、その後は全く吐き気ない様子です」
先生「食欲は?便尿の具合はどうですか?」
おいら「食欲は疲れ果ててたときはさすがになかったですが、ちょっとずつ復活してきたら出てきたようで、ふやかしをちょくちょく与えてます。でもあまり食べさせると胃がビックリしてまた吐き気が出ても嫌なので、本当にちょっとずつ食べさせてます。便と尿は全く問題なしです」
ここでキャリーの中で月露さんがうんPしてたので見ていただく。
先生「量が少ないのは食べてる量に比例してるからなので、全然問題ないですね。便もずっと正常、嘔吐も治まったということで、緊急を要する腸閉塞とかでは全然ないですね。やはり胃炎だと思いますので、胃酸抑制の薬と粘膜保護剤を処方しますね」

ということで。
本日アニコム使わずに、お会計4000円。
3000円は時間外手数料。

診察終わり、薬もいただいて、車に乗ったらちょうど家で取った食事から3時間経過だったので、詩菜さんにふやかしを作って食べていただく。
月露さんも食べたい~とおっしゃるので、詩菜さん終わってから月露さんにも作って食べていただく。
そしてまた2時間かけて帰宅。

帰宅して、フェレ部屋に月露さんと放すと。
翔那さん、瑠緋さんが出てきて「おかえりー!」「ただいまー!」とご挨拶。
その後、翔那さんと瑠緋さんと一緒になって、めっちゃいたずらしてますが。。。
めっちゃ元気やんけ!!

というわけで、月露さんは表情もだいぶ戻り、目力も戻り、気力も体力も戻ってきたわけで。
しばらく胃酸抑制剤とフェンネルを飲ませて、ゆっくりと胃炎を治していただくことにします。


そして今回考えた胃炎の原因。
ひょっとして・・・ラキサの与え過ぎ!?
我が家、結構胃炎が多発してますが、胃炎が発生する時期がだいたい換毛期だということに気がつきました。。。orz
毛玉予防しなきゃだけど、与えすぎると胃炎が発生する疑惑。
どーすりゃいいんだ?
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お疲れな月露さん?

月露さんが23時くらいから嘔吐。
吐瀉物は若干の胃液のみ。
毛がノドについたかなー?と思いラキサを与えると、ちょいと落ち着いて翔那さんと遊び始め。

しかしまたしばらくすると嘔吐。
吐瀉物はやはり、若干の胃液のみ。
胃炎か?と思い粘膜保護剤を飲ませると、またちょいと落ち着いて翔那さんと遊び始め。

そしてまたしばらくすると嘔吐。
同じく吐瀉物は若干の胃液のみ。
徐々に嘔吐するたびに元気がなくなってく。
目が疲れてる目になってく。

途中トイレに行かれましたが、うんPもしっこも正常。
とりあえず主治医に電話。

状況を説明し、指示を仰ぐと、
主治医「粘膜保護剤を与えましょう。あ、もう与えました?いいですね-。あとは毛玉予防剤とかも与えたりしてみてくださ・・・あ、それももう与えたんですね。それから脱水を防ぐために電解質サポートとか持ってますか?」
おいら「電解質サポートは持っていないですが、動物用の糖分ゼロのイオンウォーターは常備しています」
主治医「じゃあそれをいきなり飲ませるとまた吐いちゃうから、ちょっとでいいから舐めさせてください。可能性としては胃炎だと思うので、グッタリしてきたりしなければそのまま一晩様子を見て、辛そうだったらまた電話ください。」
とのこと。

その後炭を飲んでいただかねばならなかったので飲んでいただくと、また嘔吐。
そういえば、琥桃さんが胃炎で吐き気が酷かったときにフェンネルがよく効いたなーと思い、煮出して冷まして与えると、嘔吐せず。
その後イオンウォーターを与えても嘔吐せずという状態で2時間経過。

吐き気は治まったものの、月露さんの目に力がない。
ニュージー特有の表情豊かな顔に、表情がない。
おもちゃの音を鳴らすと、反応し顔は向けるものの、遊ぶ気力はない。
疲れてグデーンとしてる状態で、大人しく抱っこされてる。
脈拍250くらい、血圧正常。
呼吸は深くてゆっくり。

ということで再度主治医に電話。
主治医「おもちゃの音に反応しているということは意識はあるんですね?なら、吐いて疲れたってことだと思います。あるいは胃が痛くて大人しくしてるのか。今から来ていただいてもいいですが、出来ることは痛み止めの注射をしたり、点滴したりだけなので、家でイオンウォーターをちょくちょく飲ませて、様子を見ておけばいいですよ。一応明日休診日ですが、明日来ていただければいいです。」

ということで。
心配なので、今晩寝ずに番することになりました。。。
いや、疲れただけなら寝て休んでいただけばいいんだけど、目が虚ろなのが怖くてねえ。
まあ万が一がなけりゃヒマヒマなんで、ペットアロマの課題本でも、一晩かけてゆっくり読んでようかな~。

現在月露さんはおいらに抱きついて寝ていらっしゃいます。
寝られるってことは胃が痛くて大人しくしてるんじゃなくて、吐き疲れたってことなんでしょうねえ。
ゆっくり寝てください。
そして、明日は病院デス。


なんだか・・・年齢の順に病院にお世話になる率が高いです。
我が家のシニア3人は里子ちゃんなので、その影響なのか、単に年齢が高くなるとやはりそうなってしまうだけなのか。。。
詩菜さんは我が家に来た当初から副腎腫瘍&膵臓腫瘍ありだったし、月露さんの水腎症は遺伝性のものらしいし、琥桃さんの心臓も我が家に来たときからだし。

若い2人(翔那さんと瑠緋さん)はおいらが初めての飼い主ですが、ここ2年弱くらいは健康診断以外で病院のお世話になったことはないんですがねえ。。。
#瑠緋さんの食い過ぎで嘔吐、緊急入院de検査は除く。

| 未分類 | 02:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。